PhotoDiary

Solo Exhibition 2017. 3/ 8


ヨルチャ個展全景.jpg

久しぶりの個展が終わりました。

ギャラリー・ヨルチャを初めて訪れた時、その空間に私の作品が居る光景がふわっと浮かんで、テーマやイメージが湧く感じがあって、ここで展示がしたい!とお願いしたんです。

なので今回はヨルチャの空間と私の作品のコラボレーションという気持ちで臨みました。

そして搬入を終えた時、誰よりも自分が、この景色を見たかったんだ・・・と。
この場所に、作品も私も受け入れられたというような感覚。
あまりにも居心地良くて、棲みつきたいと心底思ったりして。

梯子を使って登る屋根裏部屋や天井が低い不便な場所が、却って作品とじっくり向き合える濃密な空間だと知りました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
いろんな方に見ていただけて、話ができて良かったです!

眠っていた感覚が動き出す感覚があるので、
それが消えないようにゆっくり温めていこうと思います。

DM 2017. 3/ 8


2017ヨルチャ個展DM.png

更ながら、個展のDMについて。
今回はギャラリーの方の紹介で、イラストレーター・デザイナーの横山雄さんに手掛けていただきました。
タイトルに面白い文字を作ってくれて、色味では温かい雰囲気を出してくださったり。
A3ノビという大判サイズに驚きましたが、私が立ち寄った先々でこのDMを置いていただいていて、目立つこと!
なるほどな~と思ってしまいました。
素敵なDMをありがとうございました!

Art Exchange Exhibit 2016.10/20


2016 Mendocino Exhibit.jpg

遅ればせながら、アメリカでのこと。そこから考えていたこと。

今回も多くの人々と出逢い、工房見学やギャラリー・美術館を巡ることができました。
展示会場で自分の作品について話す機会があるのですが、言葉にするのは本当に難しいですね。

英語力が足りないのが一番問題なのですが、日本語だと曖昧にできる部分も英語ではハッキリさせないと文章が成り立たないということがよくあります。
作品に言葉を付ければ付けるほど説明的になってしまい、自分の意図していることと離れていくな・・・と感じていました。
いかに自分が感覚的にしか物事を捉えてないかと痛感したのですが、言葉にしようとしたことで自分の中で明確になったことがあります。

それは自分の作品が、
“私の考えを表現してそれを他人に理解してもらおう”というものではなく、
“観る人それぞれに想像を膨らませるための一つのきっかけになれば良い”ということです。

制作する時に考えていることや、モチーフにしているものもあるのですが、それを知ってもらうことは重要ではありません。
むしろ、それを伝えてしまうと自由な各々の想像を邪魔してしまうとも思っています。

言葉にできないから作っている・・・とも思うのだけれど、俯瞰で物事を捉えるのには必要なことかもしれませんね。



Interview 2016.05/25


watanabe.jpg

現在イベントラッシュ真っ只中!
忙しくも楽しい日々を送っています。

この春の野外イベント初めは 《群馬の森クラフトフェア》 でした。
このイベントのWEB制作を担当している方が取材に来てくださったので、ご本人に了解を得て、ここでも紹介させていただきます。

自分とはまた違った視点で作品を捉え、制作について切り取っていただいたことが とても嬉しかったです。
素敵なページにまとめていただき、ありがとうございました!


New Year & Events 2016.02/20


干支小面「申」hp.jpg

2016年はお正月から展示が続いていて、
バタバタとしたまま気が付けばもう2月!

春からのイベントも徐々に決まり、今年も様々な場所に行こうと思っています。

お近くの際は是非、作品たちに会いに来てくださいね!




5days art challenge - Day 5 2015.09/01


語りかける者ウシhp.jpg私の中のわたしー祈りーhp.jpg語りかける者ー雅-hp.jpg




5回目のテーマは「アートワーク」です。

1枚目は「語りかける者」。このタイトルシリーズで様々な動物を制作していますが、最初に出来上がったのが写真のものです。容姿や雰囲気を含めて自分の中にイメージがある動物を作っています。

2枚目は「私の中のわたしー祈りー」。容姿の面白さを追求したものではなく、自分の思いを吐き出すようにして形になったもの。この後に出来上がった作品も含めて3部作になっています。

3枚目は「語りかける者ー雅ー」。魚は底になる部分も立体として作る必要があって置き型にするのが難しいのですが、流れるような動きが魅力的で作るのも楽しいです。

興味対象やテーマはその都度変わりますが、一貫して思うことは《見る人が様々な解釈をし、想像を膨らませられるもの》が作りたいということ。
作品を通して何かを考えることを楽しんで欲しいと考えています。

これで私の 5days art challenge は終了です。
毎回、制作を始めた頃の作品とその後の変遷という形で画像を紹介してきましたが、客観的に見直せたことで新たな発見がありました。
良い機会を与えてくださった小澤章子さん、安藤志保子さん、そして読んでくださった皆さま、ありがとうございました!!



The last time theme is “Artworks”.
I want the audience to imagine somethhing.

5days art challenge - Day 4 2015.09/01


花器「砂漠の街」花入りアップ.jpgブローチ アップhp.jpgマラカス「種」hp.jpg




4回目のテーマ「飾る×使う」 飾ることを強く意識した使えるものです。

1枚目は花器「砂漠の街」。家をモチーフにしたものも好きでよく作りますが、花を生けるとルーフガーデンのようになるな…と想像して制作。

2枚目はブローチ「草花」「顔」。顔と同じくらい色に興味があり、釉薬を調合したりして器の装飾に取り入れてきました。水彩画のような優しい色合いが多く、ワンポイントに使いやすいので、ブローチやペンダントなどのアクセサリーも制作しています。

3枚目はマラカス「種」。砕いた土を中に閉じ込めているので、振るとシャカシャカと優しい音がします。飾るものでも音がする驚きが楽しい気分にさせてくれると思い、作りました。


花器やアクセサリー、蓋ものなどは、使うものでも装飾性が強くだせるところが面白いです。



The theme is “Decorate × Use”.

5days art challenge - Day 3 2015.09/01


人形「海賊」.jpg遊飛.jpg坊や.jpg




3回目のテーマは「人形」です。

1枚目は陶芸学校を修了して間もない頃に手がけた「海賊」。この頃は人形1つ1つのキャラクターを設定して制作。轆轤でひいた形を潰して体に見立て、動きをつけました。

2枚目は壁掛人形「遊飛」。動きが自由に出せるのが壁掛け作品の面白いところです。

3枚目は白い顔シリーズの「坊や」。ほとんどの人形は土の質感を活かすため手跡を残すのですが、白い顔は光と影だけでみせることをコンセプトにし、余計な手跡は消しています。

綺麗に制作するよりも、出来上がった形を潰したり歪ませたりしてできる形を活かして作るのが好きです。その方が思いもかけない動きが生まれ、想像以上のものができる気がします。



The theme is “Dolls".

5days art challenge - Day 2 2015.09/01


マグ・皿「ビル」.jpgカップ「芽」hp.jpg碗「花陽」hp.jpg




2回目のテーマは「器」

1枚目は「夕景・夜景」と題したマグと皿。陶芸学校修了後 様々な土を試していた頃、絵画的な装飾に面白さを感じて制作したもの。

2枚目は カップ「芽」。轆轤で成形した母体に手びねりで装飾をつけたもの。機能的な取手というより、形の対比を楽しんで制作。

3枚目は 碗「花陽」。ご飯を盛った時にも模様が見えるよう、器の口元の内側から外側につながるように装飾を施してあります。色釉が少し混ざり合うように彩色しているので、窯ごとに少しづつ滲みや発色が異なり、興味が尽きません。

使えるものが作れるというのは陶芸の良いところだと思います。
始めた頃は使い勝手よりも見た目の面白さに興味がありましたが、徐々に使われてこそ器だと思うようになりました。
でも、以前の作品を見直してみて、こういう遊び心も悪くないかな…と思ったりもして(^ ^;



The theme is “Tableware".
I like to make useful things ,too.


5days art challenge - Day 1 2015.09/01


12 STARS うお座.jpg小面「寅」hp.jpg面「道化師」全体.jpg




Facebook上で作家仲間からご指名をいただき、5日間かけて3作品づつ紹介する 5days art challenge。
私も小澤章子さんと安藤志保子さんからご指名を受けて参加させていただきましたが、作品をまとめてみる良い機会だったので、このBlogでも内容を掲載したいと思います。

1回目のテーマは「面」
幼い頃から興味がある顔。その興味対象だけを形にできる「面」は陶芸学校在籍中から手がけています。

1枚目はその学校の修了制作で発表した12星座をテーマにした「12 STARS」のうちの1つ。うお座。
2枚目は毎年手がけている干支をテーマにした小面の1つ「寅」。
3枚目は現在でも手がけている面「道化師」。

以前にこのブログの “About my artworks”でも書きましたが、「土での表現」が自分の制作テーマとして根底にある気がします。



The first time theme is “Mask".
I'm interested in faces since I was a child.

Relationship 2015.08/01


ふたつの街の国際交流展の様子.jpg




長野県大町市で開催されていた「ふたつの街の国際交流展」のパーティと、
石川県金沢市の「雑貨×作家マーケット」に出展するのをきっかけに、
大町→立山→金沢→高山を1週間かけて巡り、
たくさんの方との再会をはたすことができました!

作家さんたちとは制作の話をし、作品や工房を見ることができて刺激を受けましたし、新天地で友人が地域と関わりながら頑張っている姿を知ることができて、とても心強く感じ、私も頑張らなきゃと思いました。

作品を通じて多くの方々と出会い、少しづつ世界が広がっていると実感!
繋がりを強く感じることのできる旅となりました!!



I visited to Oomachi, Tateyama, Kanazawa and Takayama for a week.
It makes me cheerful to talk about works with creators and friends.
I met a lot of people through my works, and felt relationship.


Arts & Crafts Fair 2015.05/24

山本さんとコラボ.JPG



今年も春からクラフトフェアへの出展が続いています。
野外のイベントは雨や強風など気がかりなことも多いのですが、
本当に多くの方と出会える素敵な場所です。
良くも悪くもたくさんの感想が耳に入るし、
なにより子供たちの素直な反応が面白い!

また。お客様はもちろん、作家さんとの出会いも
自分の制作の糧になっていると思います。

写真は群馬の森でお隣だった木工作家 山本有三さんのトレー&フォークと
自作の器とのコラボレーション☆
山本さんとの会話と作品から、
使い手への心配りとモノに対する愛情が感じられて、いたく感動しました。

この後も各地に伺う予定で、 What's New 欄に記載しています。
お近くの際にはぜひ遊びに来ていただきたいです。



I have exhibited at many arts&crafts fairs in this Spring.
It's so fun to meet customers and creaters.
The photo was taken of Yuzo Yamamoto's wood works & mine.
His works and words were full of concem to the customers.
I was impressed by his works!


Wonderful place 2015.02/20

3hp空中遊泳.jpg




先日、久しぶりに愛知県に行ってきました。
ずっとお世話になってきた名古屋市大須 モノコトのTACOさんが
お店を卒業すると聞いていたから。

モノコトは古道具と作家ものなどを扱い、
ライブやワークショップも行われる 盛り沢山なお店です。
人の手によって使われてきたものや 作られたものがひしめきあい、
なんというか生命力溢れる場所なんです。

自分の作品もそこにあると 息を潜めて生きているような感覚があり、
作品から受ける印象が空間でこんなにも変わるのか!と衝撃を受けました。

その大好きな場所を作っていた1人である人物がそこにいないのは
寂しい気もしましたが、自身の制作を中心に動いていくとのこと。
そしてお店は引き続きココロさんが運営していくとのこと。

これからのTACOさんの制作、
ココロさんのモノコトがどんな風になるのか楽しみです。

私の作品は入れ替えをし、引き続き置いていただけることになりました。
是非、あの温かいお店に行ってみてください!



I went to a shop “MONOKOTO" in Aichi Prefecture at the bigining of this month.My works are dealt with in the shop.
I love the shop and feel there is full of energy!


Happy New Year 2015.01/05


小面「干支ーヒツジー」拡大.jpg




あけましておめでとうございます。

昨年は たくさん動き、多くの出会いに恵まれた1年でした。

今年も様々なことに挑戦していこうと思っておりますので、
どうぞ よろしくお願い致します。



Happy New Year!
I was blessed with a lot of encounter last year.
All the best wishes for a wonderful year!

About my artworks  2014.11/12

ウシ横2.jpg




ちょっと時間が経ってしまいましたが・・・
神奈川県美術展の審査員による作品解説が嬉しいものだったのでご報告。

私のアートワーク(特に大作)は
土の質感を活かしたもので、いろんな表情に見えるものを心がけています。
土の柔らかさをいかして作るたわみや歪みは、肉のたわみや体の動きにつながり、想像した以上のものが創造できると思っています。
また、大きく表情をつけずに制作することで、
見る人の感情や角度によって想像を膨らませることができると思うのです。

審査員の方々が、そのことを作品から汲み取って評価してくださったことがわかり、聞きに行けて良かったと思いました。


陶芸を始める前、私はプラスチックを素材として造形物を制作していました。
プラスチックは土などで原型を作り、型取りし、そこに樹脂を流し込んだり、ガラス繊維にしみこませたりして成形。あとはツルツルに磨いて塗装を施したりします。表面が綺麗になっていないと塗装しても汚く見えてしまうので、手跡を消すというのが常識でした。

原型のほうが魅力的だと思ったり、器が作れることに興味がうつり、
陶芸を始めたんです。
でも陶芸の学校に通っていた当初、ある先生に
私の作るものは表情が硬い、土で作る意味を考えたほうが良い
との言葉をかけられたことがありました。

当時はその意味がわからなかったけれど、
その言葉は私の中にずっと残り、課題になっていました。

そこから抜け出したんだと実感したのは写真の作品が完成した時。
この作品が「語りかける者」というタイトルで作った最初の作品です。

ここから続いてきたアートワークの制作。
少しづつ変化していきますが、今回の作品解説は大きな励みとなる出来事でした。





I enjoyed events!  2014.11/01

せともの祭2014.jpg




春からずっと続いていたクラフトイベントへの今年の出展は、10月末で終了しました。
野外のイベントは体力勝負だし天候にも左右されますが、
今年も多くの出会いがあり、いろんな反応が見れて、とても楽しかったです。

お越しいただいた皆様、お世話になった方々も ありがとうございました!!

イベントに出展するようになってから、他ジャンルの作家さんたちとの交流も増えました。
様々な知識と経験を持つ人たちと制作や他愛のないことを話す時間も
とても良い刺激になっています。

来年も各地へ出展しに行きたいと思っています。
また予定が入り次第このウェブサイトの What's Newに掲載していきますので、
よろしくお願いします。



This year's events that I participated in were finished at the end of October.
They were fun to meet a lot of people and to see various reaction.
Thank you for everyone!


Hooray!  2014.9/24

棲みか1部分・安野氏.jpg




神奈川県美術展の工芸部門で「棲みか」という作品が特選に入賞しました!

お世話になっている方々にも嬉しい報告ができて良かったです。
作品は神奈川県民ホールギャラリーで行われる本展 1期展で展示されます。
10/5(日)~10/12(日) 10:00~20:00  *最終日のみ 14:00まで。

ちなみに、 初日の10/5(日) 10:30~12:00 には工芸部門の審査員による
受賞作品解説が予定されています。
自分の作品がどのように解説されるのか・・・。
ドキドキですが、お時間がある方は こちらも是非あわせてご覧ください。

また、この表彰式に出席するため、
10/4~10/5に予定していた仙台・杜の都のクラフトフェアへの出展を、
10/4(土)のみとさせていただくことになりました。

見に来ていただく方や主催者の皆様には大変申し訳ないのですが、
よろしくお願い致します。



While I'm in the US, examination result notification of The 50th Kanagawa Art Exhibition had arrived.
I was winning the third place in craft sector!!

I'm home!  2014.9/05

mendocino art center 1.jpg




アメリカ・メンドシーノでの芸術交流を終え、日本に帰ってきました!

メンドシーノはサンフランシスコから3〜4時間 車で北上した場所にある海沿いの町。
昔ヒッピーたちが集まった所で芸術家が多く住んでいます。
町は小さいですが、ギャラリーが何軒も集まっていて静かで綺麗なところでした。

私たちはその中のひとつ Mendocino Art Centerで展示していて、レセプションには多くの人が集まってくださいました。
また、地元の作家さんのお宅にホームステイさせてもらったり、沢山の工房見学に連れて行ってもらえたり…。とても貴重な経験をさせてもらいました(^-^)

アメリカは やっぱり広かった!
雄大な景色に圧倒され、多種多様な人が集まっていることも興味深かったし、そういう環境だからか お互いを尊重しあって他人に物事を強制しない自由な雰囲気を感じました。

お世話になった皆様、ありがとうございました!!

あの雰囲気を肌で感じられたこと、様々な考え方の人と話ができたこと、本当に参加できて良かったです。
自分の信じる道を進めばいいんだ、と心強く思うことができました。



I came back to my home from Mendocino. We exhibited our works in Mendocino Art Center. I stayed in the house of local artist and visited alot of studios. It's a special experience for me! I interested in many works and I was overwhelmed for magnificent scenery. I felt a free atmosphere to respect each other, and not to force things on another person.

Thank you to everyone who helped me!! It was good that I was able to talk with many people of various ways of thinking. I was able to think that I should go the way which believed by myself.



It's New !! 2014.8/11

語りかける者.jpg



ウェブサイトを作成しました!
作品写真を少しづつ増やしたり、展示情報を更新していく予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

I established my website!!